解説 タイの神秘ハーフムーンオランダ

タイには、他の国のオランダとは雰囲気が違う、独特なオランダの金魚が存在する。
その金魚しばしば「タイオランダ」と呼ばれていた。系統図などははっきりしていない。
『ハーフムーンオランダ』は、その謎の系統のオランダより誕生した。

 

当社がタイのハーフムーンオランダと出会うまでの経緯だが、始まりはお客様の声であった。2015年頃だっただろうか。来店されたお客様が「この変わった金魚を探して欲しい!」と海外の動画サイトに投稿されたものを筆者に見せにきた。
そこには、蝶尾のような丸いヒレ先を持ち尾芯を上下に限界まで展開させ優雅に泳ぐオランダらしき金魚が映っていた。どうやらタイからアップされた動画のようだった。
筆者もこの動画の個体には興味を湧き立たせられ、当時、熱帯魚と金魚の輸入で付き合いがあったタイのシッパーに捜索を依頼した。
シッパーからはすぐに「this?」と金魚の画像が送られてきた。
いわゆる「タイオランダ」だった。
タイではオランダだけでも様々なタイプのものが生産されている。
俗にいう「タイオランダ」とはタイで生産されているオランダの一種のことを指す。
それは中国のオランダや日本のオランダとは少し違う雰囲気を持っていて、体は中寸体型で尾の先は丸くブロードテール的な丸みを帯びたオランダだ。これタイ独特の形で、系統図などははっきりしておらずどのような進化を辿ってこの形になったわかっていない。
このオランダの存在はかねてより知っており、ひょっとしたら「タイオランダ」の画像を送ってくるのではと思ってはいた。画像の個体は追い求めているオランダとは尾型が検討違いなため「No!」と突き返した。
その後もタイのシッパーから何度も画像を送ってもらったが、中々これ!という画像がこず、「this?」「No!」とやり取りが続いた。

向こうでも動画を確認しているはずなのに、どうしても現地の人間に、尾型のニュアンスが伝わらない。どうすれば伝わるか試行錯誤し考え抜いたあげく、タイはベタ(熱帯魚)の世界1の生産国でその品種のひとつ「ハーフムーン」という品種があることに気付いた。この「ハーフムーン」は名前の通り、長いヒレを半月状に展開することができる品種で、追い求めているオランダの理想に近いしタイのシッパーにも伝わりやすい。これだ!と思い、
『”BETA Half Moon”I want the same fin type!』と連絡。
そして数日後….
『this?』『….Yes!』
動画で見た、ハーフムーンによく似たオランダの画像が届けられた。それは、理想にかなり近い、尾先が丸く尾芯が上下に半月状に展開するオランダだった。
それはタイオランダの中から出現する特殊個体らしく、当時の個体数は少なかったようだ。
現在では固定率が高くなり、品質もかなり向上している。
(当社では国産化も実現している)
この型のオランダを『ハーフムーンオランダ』とし、さっそく輸入。

輸入初期の頃の個体は、正直、今現在当社が輸入しているハーフムーンオランダと比べれば品質の劣る個体だったが、手元に届いたときはとても嬉しかった。
初めて現物をみた感想は「なんか、すごい変わってる」という感じ。
数十匹輸入した中、美しいと思える個体は数匹であったが、「タイには必ずもっと美しいハーフムーンオランダが沢山いるはずだ!」と確信し、ハーフムーンオランダの輸入を何度も重ねた。現地のシッパーに、「Long tail please!」「Beautiful tail please!」と散々たたみかけた。

また、実際にタイ現地に赴き、当社が欲しいハーフムーンオランダを選別し、シッパーにはその特徴を事細かく説明。現在では安定して高品質のハーフムーンオランダを輸入できるに至った。
新しいタイプのハーフムーンオランダも現地から提案してもいらい、輸入する個体のバリエーションを増やしている。今後も更にタイへの渡航を重ね、ハーフムーンオランダの更なる品質向上に努めたい。

現地でのセレクトの様子。

 

 

タイのシッパーのトリートメント施設。
池から上げてきた個体は一度ここでトリートメントし日本に送られてくる。

 

現地渡航の様子 動画

 

当社発行のハーフムーンオランダの証明書。

 

証明書の説明

 

 

 

 

以下、当社が輸入した個体たち。

 

  

 

   

様々なカラーバリエーションのハーフムーンオランダ。

 

 

 

以下、新しいタイプのハーフムーンオランダ

 

「ハーフムーンオランダ・ローズテール」
ハーフムーンオランダの尾型をベースに、尾にウェーブがかかるタイプです。

 

 

 

 
「ドラゴンアイ・ハーフムーン」出目タイプのハーフムーンオランダ

 

 

 

 

    

「ハーフムーンオランダ・クラウンテール」
名前の通り、ヒレ先が王冠のように刺々しく尖った特殊タイプ。

 

 

 

 

「皇帝オランダ」ハーフムーンオランダからの派生品種。
尾型はハーフムーンオランダと同じブロードテールだが、ハーフムーンオランダほど尾ビレは長くならずボディが少し長手で大型化するタイプです。

 

 

 


「ハーフムーンオランダ・プラカット」ハーフムーンオランダから出現する短尾タイプ。

 

 

 

 

 

長崎の宮本養魚場で生産を依頼している、国産ハーフムーンオランダ。

宮本養魚場